2007年10月23日

浪漫の灯


灯台って昔は、人がいて、灯を守っていたんですね、
そんな人の事、灯台守て言うんです、
一日も休まず、灯を点け航路を知らせ、
気象状態を知らせて、
船の安全航行守っておられたのですね、

今は電機があり、ナビゲーション、レーダー等有り、
ほぼ、無人化、されております、

昨日のブログを見た若い子に
灯台守って何って聞かれたので、、

僕も灯台守の人には、会った事も無いんでが、

嵐の日、たった一つの灯に、励まされ、
航路を走れた船も、
そんな日こそ、眠らず、灯を、
灯台守って大変な職業、

一生会うことも、言葉すらも、無い。
 人 と 人
    船と灯台守、
 壮大な浪漫が駆けめぐる、
       アナログ時代

「小さな、小さな、小島に、
 防風林に囲まれた2つの建物
 重なるように、並んだ、
 真っ白の灯台、と 灯台守の家」

また、会いに行こう。

この時代に流されそうな、私、頑張れ!!
posted by たちさん at 19:29| Comment(0) | 日記