2007年11月05日

ホント、 小さくて、恥ずかしい

先日パーティーにご招待頂き、出席しました。

地元企業の方々が多くおられ、
招待名簿の中に私が20歳の頃、
御世話頂き、お商売の事、いろいろ、教えて頂いた、
方のお名前があり、
懐かしく入り口で、お待ちしておりました。

36〜7年ぶり、
お会い出来ました、その方、開口一番、

「私は、今年で95歳になりました、
 頭がボケて直ぐに思い出せません、
 お声を掛けて頂き、有り難うございます」

 と、大きく一礼され、席に付かれました。

しばらくして、もう一度、挨拶に伺いました、
思い出していただき、手を握り、

「元気で、やっとるか、」
 と私の名前を呼ばれ、嬉しく思いました、

この方は、ある会社の創業者で、当時200名ほど
事業員を雇われ、現在会長で元気にしておられました。

私が20歳の頃、今でも覚えている言葉があります、

 「君は一人、仕事してる、いいね
  私は、200人の人を雇っている、
  それぞれ、家庭がある、五人家族で、合計千人や
  1000人の命を、預かっている、
  事業に失敗か、成功するかは、、罪悪の問題だ、」

 と、言っておられた。 はっきり、覚えてる。

 小さくて、恥ずかしいですが、おかげで、
 二人の番頭を、一人は25年、一人は9年
 この方に、出会えたから、私は、今有る、と、、

ホント、 小さくて、恥ずかしい
posted by たちさん at 00:29| Comment(0) | 日記