2007年11月25日

「サラリーマンが一人いる」

競り市に行きますと、

業者間の戦いの場所、
目を皿にして、
品定め、や、儲かるものを、
探すのが、普通の業者、
目つきが、凄く、皿になっています。

僕は、
友達に、いつも言われます、

 「サラリーマンが一人いる」 と、

自分なりに、品定めをしているのですが、
美しさ、センス、優しさ、温もり、等
考えております、

儲かる、儲からない、も大切ですが、
作品の中に心が入り込み、恥ずかしいですが、

以前書いてた、東京博物館、の、
大島如雲作、鯉置物、を見たとき、書いた詩、歌、? 
あんな気持ちになります。

お気に入りに出会うと、
心が ホット して、
日本昔話のような、詩が、頭の中に出来てしまいます。

  ひょっとしたら、先祖は、麻呂、か、歌人、
     いや、いや、市原悦子、かも
posted by たちさん at 13:13| Comment(0) | 日記