2008年09月25日

すごい若者達

先日、若者達との食事があり、
20代半ば頃の若者で
私も当店の番頭の話をしていました

仕事の話をしている私を見て
目が、輝いていると、、

番頭の話には、すごく羨ましがられ

あなた達のお仕事はと聞きますと

国の看護士みたいな仕事で
病院の看護士の半分のお給料と、

難病のお年寄り宅や
難病の赤ちゃん、お母さんへの
支援、訪問だそで、

赤ちゃんのお母さんへの
心のケアーは、大変だそうで、

どんな、ところに、
夢や希望や浪漫を持てば良いのかって訊かれ、

他人事のように話すのも嫌で
言葉を失い、
二十歳そこそこの若者が、体験しているのが
信じられず、胸が熱くなりました

「きょうは、おじさんのおごりや
      好きなもん食べたて、パーって飲みや」
 
  自然体で生きる話も少ししましたが、
情けないですが、これが私の出来る、唯一でした。




posted by たちさん at 16:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記