2009年06月30日

現在も体験修行が行われておるようですが昔はもっと長かったのです。

質問があるかと僧侶、、、、

貴方達は、囲いの中で、修行されている
僕は明日から、囲いも無い
自由に何でも手を出せば取れる
明日からの僕のほうが修行ちがうんか、、って

僧侶、、
その通り、俗世間こそ修行や、
この短い間を思い出してください
何か一つでも、、、
明日からの人生こそ修行、頑張れ、、、と

あれから、25年は過ぎた
今頃になって思い出しても、、、

しかし、、今頃、、、役に立ちました
この歳で恥ずかしいけれど、、ありがとう、、僧侶。

永平寺、、、終わり、、
posted by たちさん at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月28日

なぜ  行ったのか??? 永平寺

帰れる二日前50歳頃の方が、
忘れてた、田んぼに水入れなあかん
帰らして欲しい、 「却下、、、」

めちゃめちゃな、理由でも、とりあえず帰りたいですね、

雑魚寝で寝ている室には
丸い大きな時計があります

この頃から、あと、43時間、あと38時間、
帰れる時まで、時間で皆さん考えるように、、、、

あんなに、長い間一緒だった皆
何で来たのか、とか どこから来たのか、
名前すらも聞かなかった気がします。

わけあり の 方が多かったんでしょうね、

最後の日に「問答」がありました、

きょうで帰れるから、と
思いきりの質問をしました、、、また明日、、
posted by たちさん at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月27日

研ぎ澄まされた 二感 耳と味

一番覚えておりますのは、座禅の室で、
食事も座禅も、自分の場所が決まっており
毎日同じところで食事や座禅です。

景色も見えず、音だけが、入ってきます

水の流れる音も、日によって違い
荒い時、静かな時、
昨日は、上流の山 雨多かったんかな、、

鳥の声も、日によって、調子が違います
二匹の声でも、親子やろか、夫婦かな、
恋人同士かな、、、きょうは、喧嘩してるんかなー、、

五感の中で、耳だけが凄く働きます

帰る、二日ほど前、ふと思いました
こんな、近くのものに、こんなに耳を傾けた事 
はじめてやナー 

何年も経って、最近つくずく、この事をよく思い出します

遠く事のを見なくても
近くのことを確り見る事のほうが
確かな判断ができるんかなー って、

面白い事もありました、、、またね!!
posted by たちさん at 08:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月26日

毎朝、鐘を打ち鳴らす音が聞こえておりました

朝何時に起きたか覚えて無いのですが
渡り廊下を歩き
毎朝5時頃に本堂に行きます

僧侶の方々がお経を唱えておられ
私達は後ろで正座し、
お経の本を頂き読んでおりました

それが終わりますと帰りに
食事を取り、座禅の室で頂きます

粗食でしたが、
こんなにご飯を美味しく食べたのは初めてでした

座禅の室は上の方に小窓が一つ
外の景色は見えません

川があるらしく、水の音が聞こえたり、
小鳥のさえずりが聞こえたり、

またお寺にいる間、外へ出て
土の上を歩くことはありませんでした
帰りたくても、持ち物すべてと、
服を預けているため、脱走も出来ません。

次から二つ、三つ、お寺にいる間の
思い出を書いてみます、、、、お楽しみに、、
posted by たちさん at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月25日

後ろ向きでも、前向きでも、自分の席

変わった所に、、、行きました、、

三度の食事、これが作法で修行の一つ
お椀が三つ、お皿のような物が1つ

壁に向かって座禅を毎日します、
その席が自分の席で、
食事のときは同じ席で反対を向いて頂きます。

右手だったと思いますが、親指を立てて上に動かすと、
もっと、もう一杯、
下に動かすと反対、言葉は一切話さず。

初めて入った日からで、慣れやえんりょうで
上手く合図が出せないと、山盛り入れて来るんです、
僧侶の入山いじめか、意地悪か、

一つの器にお茶を一杯入れて頂きます
最後、そのお茶で順次、器に移し、揺すって洗い
そのお茶を一番最後に自分でのみ、
器を重ねてふきんで包み、次の食事になります。

つまり、何も残さず、水でも洗わずです

一品、一品、合図で、塩なんか多く入れられたら
最後、泣きそうな顔して、お茶を頂きました。

食事を入れますと座禅の席には一日六時間ほど居ます、

    また明日、、、
posted by たちさん at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月24日

凄い 贅沢 かなー

永平寺に行ったのは25年ほど前 やなー
旅行や物を買うより
凄い 贅沢 かなとか思いながら、、、

ちょっと行けない所に行きました。

ワンフロアーに閉じ込められ(大げさかな)
テレホンカード、お金、服、すべてお寺預かり
与えられた服のみ、たしか、飴玉も没収でした。

以前、脱走された方が駅で捕まりました と

「あなた達は、好んで永平寺に来られた
出来るだけ、修行僧に近い生活をして頂く」 一括。

5 名ほどおられ、大変な、一週間ほどの始まりでした

朝は、修行僧の鐘の音で起き、
本堂での正座でお経、倒れる方もおられました。
座禅と正座を一日8時間くらいかなー

残りは、雑巾一枚で、素手で便器やトイレ掃除

食べ物は3度の精進料理のみ、、、

何と、この精進料理が唯一の楽しみになるんです、、
 明日お話しまーす。
posted by たちさん at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月23日

こんな日は思う  禅寺で有名な福井県の永平寺

宗派 曹洞宗 ,大本山永平寺、、、
実は私、20年ほど前 10日間ほど
体験入山させて頂きました、

別に何のわけも無く
お手紙を書きお送りしますと許可が頂けました

入る時、すべての持ち物、服は、没収
歯磨きと与えられた サムイ(服) だけ
この間、帰るに帰れず、、、

凄い体験、、、忘れられません。

私のほか5〜6名の方が居られましたが
なんだか わけありのようで、、、
興味本位で来たのは  私だけのようでした

こんな暑い日にでした  

書いてみます明日から、、、、、
posted by たちさん at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月21日

梅雨の代表のような一日

むし、むし、の一日です
暑くて、風が無く、

ただ、どんよりと、雲が垂れています

昨日は急にクーラーが故障して
仕事が終わってから直り

きょうは安心です、いまから冷房入れます。

蛙、トンボ、雀、冷房無くても
大丈夫なんかなー

なんか、かんか、ぐずぐず言っているまに
時間が過ぎていくのかなー
posted by たちさん at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月19日

私のブログ

最近、私のブログ
一日百人くらいの方々に
読んでいただいているようです。

ありがたいような、恥ずかしいような、
ありがとうございます。

HPの上で場所は同じところですが
もうすぐ、ブログのアドレスが変わります

一週間程、先ですが
アドレスで入られ御覧の方
お手数ですが、HPの上の場所、「日々」から
お入りいただけば、アドレスが表示されますので、
よろしくお願い致します。

また、3ヶ月ほど前より、
体調をチョピリ崩しておりましたが、

1〜2ヶ月先には、直る 予定です(お医者様より)

恥ずかしいですが、素の自分で書けるように、
    頑張ります。




posted by たちさん at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月18日

残念でした

きょうは早くから
京大病院に行きましたが

残念、

年一度の創立記念日でお休み

体の調子はだんだん良くなって
きている様ですが あと、
2〜3ヶ月はかかる日にち薬のようです。

診察では無いのでまた来週行きます。

早くお店に来てブログ書いてますが
朝から、残念賞で、あまりのりません。
posted by たちさん at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月13日

水の流れが  ここち良い

先日、
三条木屋町、高瀬川沿い のショットバー
オープン形式で前を川が流れております
酒を飲んでおりました。

昔、この川に船が浮かび
大阪や伏見からいろいろな物資
大変な労力だったでしょう

当時の賑わいを連想して
お酒を飲んでおりました

インフルエンザから 人出が非常に少なく
がらがらの京の町 祇園界隈のお店も

巽橋、辰巳神社、あの白川の中心地
昨日のお昼食の帰り 誰もいません
なんだか  変

でも先日のショットバー
一人、ゆっくり連想でき
昔の賑わいが、思い浮かんで、時間が過ぎていきました。
posted by たちさん at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月12日

幻の橋

15年程前の話、
バブルの勢いが少し残っている頃

川端、新門前、当店の真前
桜の広場より
対岸、木屋町の公園まで

いろいろ意見が有りましたが
結局予算が無く  中止  良かったなって

木屋町横、先斗町の公園には
古い、古い、大きな桜の木、綺麗な花を咲かせています。
何で、あの木を切るのか、なー 思っていました。

また、川向こうの床の提灯
真っ直ぐ行けないから
浪漫、哀愁、感じますよね、

幻の橋で、、、ありがとう。
posted by たちさん at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月09日

空き家 の 事情

昨日は司法書士のお友達よりご紹介で

古いお家の品物を
見せていただきました。

いろいろな
仕事があるんだなー って感心しました

ボランティア みたいなお仕事を
されていられる司法書士の方で

お話をお聞きしますと
現在、の現実いろいろをお聞きして
すごいなー 現実って 

ちょっと  ビックリ でした。
posted by たちさん at 09:49| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2009年06月06日

昼食

お天気も良く三条大橋を渡り
木屋町、高瀬川 沿いに
お昼食べに行きました

高瀬川沿いの 屋外席 
カップル 若者 一杯

上着一枚あれば、日本中何処でも 行けそうな
あの年頃  私もあったよな、、、

夢と浪漫と勇気 忘れず 頑張ろう

若者と一緒に

夢と浪漫と勇気 語れるように、、頑張れ パーマン2号
posted by たちさん at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月04日

昔の品物は  いいなー

昨日、東京から帰り
今、写真撮っております

今回コレクターの方より
 骨で出来ている
キセロ筒をホームページで
ご紹介させて頂いております

明日から根付の感覚で
販売させて頂こうと思います

10年も昔は、いっぱい有りました
最近、ほとんど見かける事も無く
楽しい品物です。  お楽しみに!
posted by たちさん at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記