2009年06月26日

毎朝、鐘を打ち鳴らす音が聞こえておりました

朝何時に起きたか覚えて無いのですが
渡り廊下を歩き
毎朝5時頃に本堂に行きます

僧侶の方々がお経を唱えておられ
私達は後ろで正座し、
お経の本を頂き読んでおりました

それが終わりますと帰りに
食事を取り、座禅の室で頂きます

粗食でしたが、
こんなにご飯を美味しく食べたのは初めてでした

座禅の室は上の方に小窓が一つ
外の景色は見えません

川があるらしく、水の音が聞こえたり、
小鳥のさえずりが聞こえたり、

またお寺にいる間、外へ出て
土の上を歩くことはありませんでした
帰りたくても、持ち物すべてと、
服を預けているため、脱走も出来ません。

次から二つ、三つ、お寺にいる間の
思い出を書いてみます、、、、お楽しみに、、
posted by たちさん at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記