2010年12月31日

年越しそば

例年、年越しそば、
居酒屋さん、寿司屋さんで頂いておりました

昨年、今年にかけて
その両方がお辞めになり
今夜は行く所がありません

いま、リビングでは
家内が紅白を見ています
どこへも行かず一緒にテレビ、、、

まー平和な年末、これで良しかな、

来年も宜しくお願いいたします。
posted by たちさん at 19:48| Comment(0) | 日記

昨夜の電話

きょうは朝から雪が降っています
屋根が薄っすら白く
なんだかロマンチックになってきます

京都で、めったに降らない、今年初めての雪
大晦日にお似合いの初雪、、、

昨夜、盆栽美術家の川崎仁美さん
電話いただきました

現在、大学院に行かれ、本を書かれている様です

最初の頃はいろいろ相談に来られていましたが
今頃は、どんどん進んで行かれ
海外での個展から、国からの補助や国としての活躍の為、
博士号取得の為、現在国立大学の大学院生です

一昨日も京都新聞に出ておられましたが、

「おとうさん、ちょっとも行けなくてごめんなさい」と電話

番頭と同い年で、番頭にも良い刺激になるかと、、、
前回のブログのように、、若者が、周りに居てくれる事が
また、一緒に、考え、悩むことが、凄く新鮮で

誰かに手を差し伸べられ、輝く、夢と浪漫の世界へ、、、
番頭を含め、彼らが誘われて行くことが、、、、私の一番の夢で、
彼らの何か役に立てたら、、想うと、、ほんま嬉しくなります。

彼らが私の歳になったとき、、
名前、忘れたけど、、、面白いおじさん居たな〜、、と
      それが、、私の小さな夢かな、、

posted by たちさん at 10:57| Comment(0) | 日記

2010年12月30日

お茶会のお誘い

海外に出てお仕事をされているお客さんで
久しぶりにお電話を頂き
お茶会のお誘いでした

彼は、千家さんの直弟子さんで
千家さんに行かれてから15年くらいかな〜

茶道がお好きで
一人、地方から出てこられ
お人の紹介でその世界に入られました

彼のお宅に伺いますと一面、野草が植えられ
お使いになられるのでしょう
すごく、、、山頭火、、の気分、、?!

気楽で、質素で、野草の間から虫の音が聞こえそうです

この世界に入り、多くの人と出会いがあり
なぜか、何かにチャレンジされ
夢とロマンをいだかれている、、若者が多く

彼もその一人で、、出会えた事、、感謝です。
来年早々、なれないお茶会ですが、、番頭と行って来ます

相変わりませず、宜しくお願い致します。

posted by たちさん at 12:17| Comment(0) | 日記

2010年12月28日

お墓の掃除

今年も、、あと3日
一年って早いね

この年末は、
お墓の掃除や家の用事をしています

毎年は、仕事でお店、
家での私の用事は
玄関の飾りつけとお正月の掛け軸、、のみ

今年は、年末近くに定休日が来て
子供がいない私達夫婦、
年末の仕事を分担で
お墓の掃除,一人行きました

お墓で掃除をしてますと
近くのお墓の方も掃除に来られ

あれ、、綺麗に花も飾って 誰や、、っとお父さん、
娘さんが、、、お兄ちゃんや、お父さん と
この花、持って帰って家に飾るわ、っと娘さん 
来よったんやな〜 とお父さんとお母さんが話され
お参りされ、五分程で帰られました、、、、

遠い昔、父と母が健在の時、
兄や妹と一緒に家族で過ごした遠い日、、、
想い返しておりました

一家の家族の言葉が懐かしく、、心、、温まりました。
posted by たちさん at 16:46| Comment(0) | 日記

2010年12月24日

最近、アジアのお客様に多くご来店いただきます

御土産を頂いたり、
お友達と一緒に来られたり、

言葉はわからないのですが、
お互い何か感じる所があるようで、、、
なんとなく理解し合えているようです、

考えてみれば、、思い出します
ニューヨークに憧れてた頃の一人旅、

ほとんど英語が話せないのに
マンハッタンより一人乗り合いバスで田舎へ、、
あの頃、何を考えていたのか、、私!?

座席に座る時、必ずアジア系の人の隣へ
なぜか  安心感が、、
香港の方、韓国の方、
随分、親切にして頂き助かりました

今、こうしてお店に来ていただき
ニューヨークでのお礼に
少しは祇園を案内してあげたいのですが

言葉がまったく解らず、、
来年は言葉少しは覚えます、、、、。
posted by たちさん at 21:33| Comment(1) | 日記

2010年12月21日

なぜか、、今、行ってみたい所

花巻市矢沢1−1−36 で
東北新幹線、新花巻駅より車でほんの数分らしいです
宮沢賢治記念館 です。

現在企画展を開かれておられ 
遠野と賢治と題され、「ぼくらの方の、ざしき童子(ぼっこ)のはなしです」 
平成23年9月29日まで開催されておられます。

宮沢賢治は遠野を何度も訪れるとともに、
遠野と賢治の関わりを通して、
イーハトーブの原風景から誕生した作品を紹介されておられます。

行ってみたいです、
私も「風の又三郎」の大のファンで

夏の暑い日、森を駆け抜ける
風、風、風、、、、どっどどどどう の音が聞え
欅の葉っぱが、、裏返り、、すべてすべて、、裏返り

夢と浪漫と風の、、交差、、そんな時  会えるかな
何度も、何度も、奥琵琶湖に通い
風が吹き、欅の森のざわつきを
一人、、、、待っていました、、

宮沢賢治記念館ぜひこの冬休みに行って見たいな〜
posted by たちさん at 17:43| Comment(0) | 日記

2010年12月20日

下駄

NHK、坂の上の雲 毎回見ています
めったに 連続ものは時間が無く
忘れてしまい見ないのですが、、今回見ています

前回、子規の下駄が出てきました
なぜか下駄には思いがあります

20年ほど前、ニューヨーク、にあこがれ何度か行きました
マンハッタン、ウオール街の外れにあった、
ウィンドーの大きな白い建物、、立ち飲み、、バー
映画にも出て、有名な所と聞きましたが 名前は忘れました

外から、立ち飲みのお客さんが 綺麗に見えます
何度か行きました、、しかし
日本人の中でも、背が165センチの私

外から綺麗に見える立ち飲みのお客さん
何度か飲んでい居る時、思っていました
きっと、、僕だけ、、凹に なってるんやろなー、、って

三度目に行った時、、高下駄はいて行きました
周りの方は少し驚かれましたが、私は上機嫌で、、
考えれば、昔から馬鹿でした、

下駄でもう一つ 思い出します
前回の堤君、小学校の時、下駄を履いて通学していました
彼はいつも笑顔で一見おとなしそうですが、、
素直で堂々とし、本音で話せ、結構仲良しでした

彼は、私とは違い、
京都でも有名な一部上場のエリートで、
自慢の友達の一人です。

posted by たちさん at 19:23| Comment(0) | 日記

2010年12月19日

友達の堤君

先日、久しぶりに堤君と会いました
小学校の同級生です。

会ってすぐに、なぜか、、
「たち君ありがとう」って堤君が、、

どうしたんって聞くと

会社の上司の送別会で温泉一泊旅行に誘われて、、、
彼は、家族以外とはお風呂に入ったことは無いのです

堤君は障害者手帳を持ち、
右の足と左の足の長さが違い
特注の靴でないと歩く事ができないのです

「上司に僕、お風呂で歩けませんし、
こけるの怖いから無理です」、、と堤君が言ったと、、

「君に誰か一人付き添いの人いてもらうから行こう」と上司の方が、、

「僕、なんか、ハッと思ったんや、、旅行で
温泉入る時、いつもたち君達、横にいてくれたんや、、」と堤君、

堤君とは最近、同級生同士、温泉旅行に時々行きます
きまって前の日電話が、、堤君からです

「皆に迷惑かけたらあかんし、、明日欠席するわ、、」
「なに言うてるんや、、皆で手つないで、、入ろうや、、
温泉いこうや、、あかんで、、行こうな、、」って私

行くと、誰が言うわけでも無し、5〜6人でワイワイ言って、、お風呂へ、、

堤君、、行くたび、、凄く感動します
露天風呂はじめてや、、メチャ、メチャ、気持ちええやん、、とか
展望風呂って凄いなー、、とか、 このお風呂泳げるで〜  とか
サウナ初めて入るは、、とか

誰が言うわけでも無し、5〜6人でワイワイ言って、、
お風呂から、、上がってきます、、

この歳になっても、、凄く素直な堤君、、、
きっと、、思ってるよな他の友達も、、

この歳になっても、、へんな意地はって、、不幸の始まりや、、
堤君の、、「素直な気持ち」、俺らも見習わな、、
こちらこそ堤君ありがとうやで、、、、
posted by たちさん at 11:52| Comment(0) | 日記

2010年12月16日

年の瀬、、、歳のせい

東京美術倶楽部で競市
2日前に帰りました
京都、凄く寒くなりましたね、

紅葉も終わり静かな京の町です

東京では同業者の友達と
夜になると忘年会?、、でした、

なぜかお酒の席では
東京や地方の友達の方が気楽で
ワイワイと男同士の楽しいお酒です

人は人によって磨かれて
先輩がおられて後輩がおりますし
一番、二番、の闘いでは無く、自分との戦いで
ありがとう、、と思うから、、成長があった、、かも!?

今の若者少し可愛そうな気もします

気持ちにゆとりがもう少し有ったような、、
昔のジョーク、、楽しいお話、、、
今頃は殆ど聞く事もなく、、私、、歳がいったのかな、、

posted by たちさん at 17:06| Comment(0) | 日記

2010年12月08日

編み直しの、毛糸

きょうは朝から少し寒いです
暖かな日が多く、寒さに慣れていないのか
でも  日差しが良く気持良い日和

少しゆっくりしてきたなー と思えば
やっぱり、、すっかり散ってしまった 紅葉

あんな色の服 着たら、、
心まで 暖かい、暖かい、やろなー
真っ赤、真っ黄、紅、、、

この季節 なぜか、、思い出します、、
子供の頃、何回も編みなおした毛糸のセイター
母が編んでくれました

編みなおした毛糸で、
落ち葉の色には程遠く、、
でも、しっかり糸の目が詰り 暖かかったなー

あの温もりかな、、

木の葉の色よりキラキラと
ロマンや夢を追い続けた、、、私の心、、、

いつまでも、いつまでも、木の葉の色に、、輝け。
posted by たちさん at 14:36| Comment(0) | 日記

2010年12月07日

もうすぐ12月も半ば、、、

早いものですね、、
暖かいと時間が早く経つのか
12月すら、、忘れていました

明日は、若者との忘年会
年一度の焼肉会となりました

時代が早く流れて
お客様もアジアの方々が多く居られ
なかなか頭も心も合わせて行くのが大変

お客様からお土産を頂いたりします

言葉はわかりませんが、
「日本のお茶は美味しいね」って言っておられる様で

しかし価格の交渉は厳しく
1時間も番頭と交渉されておられる事もあり
でも、、、笑い声が聞こえ

早く番頭に一人前に、、、と、、
おくに引っ込んでいる、、私ですが、

言葉もわからないのに笑い声が絶えず聞こえ
この番頭で良かったなーって
心で微笑んでいます

儲かるか、どうかは疑問ですが
お客様も笑顔、番頭も笑顔、一番大切な事と思います。
posted by たちさん at 18:20| Comment(1) | 日記

2010年12月03日

まだ12月やのに、、、来年のお話

昨日の井上八千代さんのお話
ちょっと  恥ずかしいような、、、

ま、ご近所ですが 
人間に生まれるのは一度、、かんにんしてもらおう、、

この話で、来年こそと思い出し、楽しみにしています
2月3日の節分の日、、面白いんですよ、、祇園町。

朝、豆蒔きと奉納舞が行われ、夜になると、「おばけ」
といわれる仮装大会が行われ、その年に流行した
映画の登場人物の出立ちでお座敷を廻り、ご祝儀を頂く

そんな風習が京都の祇園にはあります

お昼過ぎ頃から、仮装された舞妓さん達が
お家元、井上八千代さん宅にご挨拶に来られます

宝塚の女優さんも綺麗ですが、、もっと、もっと、素晴らしい
コテコテの化粧でなく、、ほんのり薄化粧で、、、、

学生服の方や着物姿で男装されたり、、
舞妓さん達なんとなく、、あどけなさが残り、、凄く可愛く
綺麗で、、、新鮮な「おばけ」に出会えます、

また、行事の時はいつもカメラマンで一杯ですが
この日は、いつ来られるかわからないのか
カメラマンはゼロで、、、なんか、、得した気持ち、

来年は、必ず、写真とります、、沢山載せますのでお楽しみに!!

posted by たちさん at 11:02| Comment(1) | 日記

2010年12月02日

なんで、、今頃、、井上八千代はん

京舞の井上八千代さん、同じ町内で、
地蔵盆もお宅の前で、行なわれ
時々お顔を拝見いたします、

私の家内も同じ美容院行きますが(どうでもいいのですが)
すごく気さくな方らしく、、(家内いわく)
ご近所の美容院に時々行かれ、、そんな時

お店の前を通られます、、予告無く、、通らはる、

京舞の井上八千代はんが、、急に、お店の前を、通らはる、、
そんな時、、何か、、甘〜い炭酸水を飲んだような

こころが、、シュワ、シュワ って言いそうな、、

急に、目が、ボーとして、、
しばらく、、後で、綺麗な人、、行かはったなー
って 心がおぼえてます、、、

そんな後は、なにか、、、
ただ、、ただ、、ポカーンとお店番をして、、、
隠れファンかな と 思うような気が  します。

気さくで、綺麗で、可愛く、、、、
どこにでもおられる様で、、、
どこにも居られない、、、そやそや忘れてました、、
さりげない上品さ、、、これがまた、、素晴らしい。

やっぱり、、隠れファンやな〜

良いところにお店があり、、良かったなー

posted by たちさん at 22:06| Comment(0) | 日記