2011年03月07日

我々の世界

私は新参者でまだまだですが
最近、先輩方によく聞くお話があります

文化、芸術に関係する 我々のお仕事

「スポンサー(パトロン)があってこそ、、芸術は育つ
昔はな、、食べられない芸術家、何人も自分の家に住まわし、
経済的不安の無い状態で、、すきな作品を、何日も掛かり作らさせた
だからこそ文化勲章や人間国宝の人々が生まれ、現在の芸術がある」と先輩

私も、蔵出しで文化勲章受賞者のメクリの状態の絵を
100枚ほど一度に買った事があります、、、
何代も続いた、大きな造り酒屋のお宅でした

「何人もの絵描きさんを何年も、ただで住まわせ、食事もただ
先先代のぎりょうの大きさには感心です」とお家の方が、、

最近の世の中、
これは限度の問題ですが、小さな事ばかりにとらわれ
グローバル化してくる世界で信頼を得てこそのわが国

こんな諺があったように思います

こら小僧、木々を一本一本ほじくるな、、
全部的に森を見ろ、、と、、、

森が残ってこそ 文化、芸術が育つのでは、、、、

posted by たちさん at 11:26| Comment(0) | 日記