2011年07月31日

用事でお店へ

一週間ぶりにお店来ました
前の桜の木の広場
蝉の声、、大合唱

祇園祭の頃は何も鳴いてなかったのに

お店は、あと二日ほどお休みですが
皆は、お店以外のお仕事です

やっぱり、、、夏は 蝉の声
子供の頃、夏休み御所に蝉とりや遊びに行った
あの雰囲気を思い出します

仕事にかかります。
posted by たちさん at 10:07| Comment(0) | 日記

2011年07月29日

古い昔の朽ちかけたベンチに、大きな木の 木陰、行って来ました。

携帯で写真、いっぱい撮りました
でも、どうしたらブログに載せるか、、
写真の掲載は、いつもHP担当の方に
8月4日には来られるので、、、
その時まで、、、スミマセンがお待ち下さい。

お話だけで申し訳ないのですが
まさしく浪漫の世界でした

子供の頃、暑い夏の日 かぶっていた
    
     あの麦わら帽子

そよ風にのり、、帰ってきました、、、

おにぎりも 小一時間程で 魚達が食べてしまい
白いご飯の上、、魚達が良く見えて、、ほんまに浪漫やった

空も曇りがちで、そよ風が心地よく
近くの山々には、、風の又三郎が、、、ほんま 浪漫やった

写真 ちゃんと撮れてるか心配になってきたので
今から近くのドコモショプに行き見てもらいます。
posted by たちさん at 16:49| Comment(2) | 日記

2011年07月27日

昨日から夏休み

休みは早くから有ったのですが
いつもの雑用、、、で、
30日まで休みです

先日、湖北で 楽しい川を発見

ボテジャコ、どんこ、シマどじょう、
昔の魚がいっぱいで、
古い昔の朽ちかけたベンチに、大きな木の 木陰、
魚を傷めないように、、スレ針で、、そっと釣り上げ リリース
いろんな魚と 出会いがありそうで、、、
明後日には 行こう、

おにぎりを3個 作ってもらい
2個は自分でたべて
1個は 魚達におすそ分け

古いベンチ、木陰、昔の魚達、
昼ねでもすれば、、、もう、、隣は、、
ボテジャコ や シマどじょう
魚と一緒に泳いでいる夢でも見れば 最高

明後日には 必ず、
posted by たちさん at 15:05| Comment(4) | 日記

2011年07月18日

見送り

先日、東京までご挨拶に伺いました

すごくお喜び頂き、お昼までご馳走になり
ご近所のお友達まで紹介してもらい
いいのかな、、、と思うぐらい大切にして頂きました

帰り際、駅まで送ります、、と言われ
改札口のところで 
ありがとうございますと 挨拶しますと

定期券があるから大丈夫、、と

ホームまで一緒に来られ
東京の私鉄沿線の駅でしたが
ホームに電車が入り、私が乗り
多くのお客様が乗っておられる電車内

ホームに立たれ
「遠くから、来ていただき、きょうはありがとうございました」と
大きな声で,車内に向かいご挨拶頂き、
車内のお客様に少し恥ずかしいかな、、、とも思いました、、が、

あんな立派なお見送り頂いたのは初めてで、、

心をこめた 温もりって
見栄や体裁、恥ずかしさ、を乗り越えてこそあるんだなー と
忘れられない思い出になりました
posted by たちさん at 19:12| Comment(0) | 日記

2011年07月16日

きょうは宵山

お店の帰り、四條通では
歩行者天国 多くの人々で一杯、

ふと、、考えてみれば、、私は
京都生まれの、京都育ち

庶民のお家で育ち、
今まで、、何も思わなかったのですが、、
茶道お家元、裏千家のお隣で生まれ
現在、このようなお仕事を祇園でさせて頂いて
たまたま現在に至っておりますが、、、

もちろん、、祇園祭りも参加 山伏山を引っ張りました、
高校生の時、アルバイトでしたが、、かなりの高給だったように、、

このお仕事をしていますと 、
京都の町って凄いなー って特に、、感じます
日本は元より、世界中の国の人々が
四季を問わず来られております

そんな中でも 祇園町 同じ京都でも
最初は何か近寄りがたく、少し疲れましたが、、、
一見冷たそう ですが、、生まれ故郷の同じ京の町、、
なじんでみれば、人の温もり一杯の祇園町

最近まで、、ただ一生懸命で、、ほんとについ最近、、
幸運やな〜って、、思うようになりました

明日は祇園祭り、こんなブログ書ける事に感謝します。
posted by たちさん at 21:22| Comment(0) | 日記

2011年07月11日

中国の木村(仮名)さん

すごい元気、
良く勉強していて
自分の国の売れ筋の品物
良く知っています、

先日、居酒屋さんで夕飯を一緒しましたが
周りの人たちにも気ずかいがあり
20歳頃から日本に来て
現在30過ぎ、独身です、

彼の楽しいところは、誰も聞いてないのに
「私、独身ですが、ばついちね、、、と気さくに語ります」

少し大げさに話すところもありますが

20歳頃から日本に来て今まで、
大変な苦労があったと思います
でも、泣き事や苦労話は一切せず

ただ、ひたすらに、明日のことを語っているのが  私には感激です、

話の端々に、日本の国や国民性が良いと、、、聞えます
しかし、、最近、おおらかな大陸的考えも、、
今の日本には必要ではないかと思うときがあります

完全無欠は無い、、所詮 良いも悪いも、、人、、
人を許したり、、過去を忘れたり、、おおらかさは、、
さすが大陸、、素晴らしいと思います、、、

こんなに暑い日々に、、多くの外国のお客様に
京の町、、、幸せな町ですね、、、



posted by たちさん at 21:28| Comment(2) | 日記

2011年07月04日

寂しいな、、、お別れ

35年くらい前かなー
私が20才過ぎからお世話になっていた税理士さんの奥さん
先日亡くなられました、
税理士先生は19年前に亡くなられており
悲しいより、、、すごく寂しい気持ちに、、、、

青二才の私を、徹底的に仕込んで頂き

何を かわれていたのか わかりませんが、 
たち君に商売を教えてもらえと、、、
お二人の息子さんとも、大学生の時
3年間は私のところでアルバイト

また、社内の年二回の慰安旅行
毎回、家内と私も誘われて、、
海外旅行から国内旅行 いっぱい思い出があります

なぜか、、税理士会の旅行まで連れて行かれました

私の心の中ではあの先生の一番弟子との思いが、、、

今では、お二人の息子さん達があとを継がれ
私の弟ぶんのようなお付き合いです

税理士先生が亡くなられた頃よりバブルの崩壊、、
今まで、仕事も大変でしたが
わたしの心の中では、、あの先生の一番弟子 との思いが、、

景気も悪く大変な時期でしたが、今こそ、あの先生の一番弟子の私と、
淡々と順調に仕事をして来た私
お二人の息子さんに、、
唯一私が出来る恩返し、お父さんの偉大さを思ってもらえたらと、、

今まで、ただ、夢中で生きてきました

まだ、、出来るかな、、何でも話せる奥さんも亡くなられたなー、、、、

posted by たちさん at 09:38| Comment(0) | 日記