2012年01月31日

初めて行きました


昨日は休みで、お店のガラスショーケースを買いに大阪まで
カーナビ見れば、真ん前に 吉本興業のグランド花月
早々にショーケースを買いグランド花月へ

なんばグランド花月(吉本新喜劇)見てきました
ザぼんち・西川きよし さん等々、
初めての経験で、、、人間、大好きになりました(前からですが)

舞台と客席の 人と人のかけあい
あの空気、、温もり、、、、、
お笑い大好きの家内も、笑いっぱなし

ポチと一緒に行っても、、ポチも笑いそうな、、雰囲気

あの建物の中で渦巻いている、、笑いの空気
20年も前から大好きな、三丁目の夕日 のマンガ、、同じ空気
すっかりハマってしまいました

昔っから思っていましたが、人に笑って頂く仕事
それで生活できれば  最高って
もし、、、今の仕事していなかったら、、、
この舞台に 私も立っていたかも、、、、

人に生まれて良かったなーって、、、
寒い日に 心 温かく帰ってきました。


posted by たちさん at 10:35| Comment(0) | 日記

2012年01月28日

恥ずかしい  お店番


当店も場所柄、いろいろのお客様にご来店いただきます
先日も美川 憲一さんと思われるお客様(確認していないので)に
来店頂きました、、、

我々の業界では誰が来られようと皆さん同じもてなしの様で
特に私の店でも、判っていても、お客様は同じように、、、
食事等、お誘いすればもっと親しくなれるのですが
個人的な話や、お名前やお仕事はほとんど、お聞きせず

外国の俳優さんも来られる事もありますが同じで、、、、

もう少し気を遣いお話すればとも思いますが
お忍びで、また、プライベートで来店されておられ
そっとしてあげるのが一番と、、、

また、私の考えが、、「丸い地球、皆平等」こんな性格で、、
もう少し上手く営業すれば売り上げも、、、と、、でも無理の様で、、
お店番の番頭も、家内も性格的に無理のようで、、

面白い経験ですが(失礼なお話)、、私がお店番の時
小林 薫さんと思われるお客様が来店され(確認していないので)

何も判ってない私、、、
「どこかで、、お会いしてますなー、、」と何度も話し、、、
私も思い出せなく、はがいくなって来て、
友達のお店やら、いろいろのお店の名前を出して
「違いましたなー何処やったかなー」、、と私

可哀そうに小林さん、、テレビでお会いしてるんですよ とも言えず、
帰られてから、番頭に名前を教えられ、、、、バカな私

思った事を、真っ直ぐしか話せない性格の、、、不幸 と遠くの    幸、
それ以来、、、お店番は あまりしなくなりました。


posted by たちさん at 11:35| Comment(0) | 日記

2012年01月24日

歩いて、伊勢本街道参り



昨日は、最近流行のウオーキングツアーに参加

月一度で、14回、伊勢神宮まで行きます
第一回は、大阪城の隣、玉造稲荷神社よりスタート
花園ラクビー場をこえ近鉄、枚岡神社まで
あっちやこっちや、説明や石碑を見て、、20キロ程歩き、

家内が一人行くと言いますので、一緒しました
次からは友達と行くそうですが、、、

私たちが一番若そうな感じで、
定年になられた方々が多く、50人ほどでしたが
ご夫婦の方は3組ほどで、一人の方や、同性の仲良し友達か、、

体にも良いでしょうし、何度も行けば友達も出来そうで、、
歴史や文化に詳しそうな方々もおられ
結構、お好きな方には面白そうな気がしました

あくる日の今日、足や体も思ったほど大丈夫です

来月は生駒山を登る、暗峠(くらがりとうげ)登りばかり 8キロ
私は欠席で、、、助かります、

道中、神社、宿場、おかげ燈籠、等々 昔は不便だったと思われますが
行く先々で、お祈りや、お願い、ありがとうを 思い、
道すがらのお金持ちは、庶民に、お餅や食料を援助して
他の動物には無い、人ならではの 助け合い、感謝しあい
不便でも、生きて行く喜びは 今より多くあったように思われました、、、、、、



posted by たちさん at 10:35| Comment(0) | 日記

2012年01月20日

祇園のおうどん屋さん

お店が祇園にありますが
お昼ご飯、いつも考えます

夜はたいがいお家で食べます
結構、家内も料理好きで いろいろ作ってくれます
子供も無く二人で住んでおり
私が食べないと家内一人になりますし
前もって「夕食は食べない」と言った日は別ですが、、、

お昼はうどん一杯が体に一番良い様です

きょうは京都美術倶楽部の下見の日で
祇園町の中、新橋通りから新門前、歩いて倶楽部まで、、
途中で、お昼、うどん一杯いただきました

ずーと前から有るのですが
夜だけの営業で、、昔、若い頃
飲んだ後、必ず ここのうどん屋さんに来てました

今年3月よりお昼も営業されているとの事
花見小路通り、新橋通りを東へ、50メートル北側、
お店の名前は、常盤(ときわ)日曜祭日休み
うどんすきも3500−と書いてあり
昔、たかじんさん がカレーうどん美味しい店と紹介させておりました
ちなみに、確か、カレーうどんは、800〜1100ぐらいまで、いろいろ

祇園に来られたら、、お昼 如何ですか、


posted by たちさん at 15:06| Comment(0) | 日記

2012年01月16日

女子駅伝


仕事で烏丸丸太町まで行き
見てきました、、女子駅伝

最初の写真はお昼を食べた うどん屋さんです、

丸太町通り、京都御所の南側の通りです
ランナーが快走されております
この区間は距離が短く中学生が走っています

わきの通りでは、練習、ウオーミングアップ、をされ
真近で見ると、小学生、、のように あどけなく可愛いですよ
どの顔も一生懸命、、初めての大きなレース体験で、、緊張感一杯です

かわいそうな気もしますが 
ブータン国王の言葉、、、心の龍は経験を食べて大きくなる と
心身ともに経験をつみ大きく育っていきます、、、、がんばれ、、、

お家の前や軒先で出番を待つ子供たち、
京の町の人々も温かく、見守られ
できるだけ選手の邪魔にならないようにされています。

裏方の見えない、さりげない人の温もり、、、私は大好きです。

posted by たちさん at 10:32| Comment(0) | 日記

2012年01月15日

女子駅伝 見てきました

内容は、明日書きます。
HP担当の方がおられるので、写真だけを先にアップします。

marason04.jpg

marason03.jpg

marason05.jpg

marason06.jpg

marason02.jpg

marason01.jpg
posted by たちさん at 13:59| Comment(0) | 日記

2012年01月12日

恵美須神社お参り



例年のことで、、、、
以前は多くの友達や知り合いに出会い
お話やお酒を飲んだりで楽しみが有りましたが
最近は知り合いの人に会う事もほとんど無く
やめても良いかとも思いますが、、、、
平穏な年を迎えたいと、、行ってきました

10日に行こうと思っていたのですが
友達が来られ、11日 朝 行ってきました
12日までお参り受付させているようです

10日に行かれた友達に会いましたが
お供えも少なく、人出もいまいちで、
鈴も鳴らせなく上で結んでありと話しておられました

昨年から鈴も鳴らせなく、何か情緒のないお参りに、、、
人ごみの中、安全第一か、儲け主義か解りませんが
「からから」と鳴る鈴の音、単純ですが、そこに気持ちがある様な気がして、、

私も誤解や後悔、人生失敗だらけですが
気持ちって 生きた証 出来れば大切にしたいですよね、

15日も過ぎれば紐も解かれ、、、
鈴さんの嬉しそうな「からから」の音、もう一度行ってきます。




posted by たちさん at 12:05| Comment(0) | 日記

2012年01月10日

 時々の思い

快晴、、、とまではいきませんが
朝から日差しが暖かです

長いお休みでしたが
今年のお正月はお店の旅行もあり
姪っ子や甥っ子、友達、兄弟、等々が
訪ねてくれたりで、今日まですぐに過ぎていきました。

家内とは湖北に一泊で行きました
家内の姪っ子や甥っ子と一緒の夕食で
生まれたての赤ちゃんや、子供、
我が家は夫婦二人っきりで、味わえない
家庭の音、、いっぱいの楽しい夕食でした。

寒い日でしたが、空気が澄んでいたのか
雪で真っ白の伊吹山や、向かいの彦根、竹生島もはっきりと見え、
西日に照らされ凄く綺麗で
生前葬をした写真家の友達が生きていたら喜ぶやろなーと、、、、

最近、その時々の思いが、、、懐かしかったり、寂しかったり、、、
夜、お月様が綺麗で、一人でお月見していました。


posted by たちさん at 10:09| Comment(0) | 日記

2012年01月02日

新年


おめでとうございます
毎年見ている、箱根駅伝、

あの坂道で、燃え尽きるまで、輝け情熱、、、
人々はそんな中、優しさと温もりの感動で声援

その情熱が、いつの日か、感動の手に導かれ
見知らぬ世界、、、夢と浪漫へと、、

ええな、、、これが生きた証や 

いつも、一人勝手に感動し熱いものがこみ上げて来ます


明日から、初めてのお店の慰安旅行です、
仕事中は、いつも叱ってばかりで、、、
たまには罪滅ぼしか、、と思って

女性3人とで、、、私が付いていけるかどうか
今年から 日頃の言動、、考えます、、、


 
posted by たちさん at 17:20| Comment(0) | 日記