2012年03月08日

お道具の温もり



先日、関東のお客様に来店いただき
久しぶりのお店番で、お話を

お着物でご来店いただき
お店の品々とまじわり
店内が一段と鮮やかに華やかに感じられ

お香のお道具を探しておられ
先日、買い受けたお道具が倉庫にあります と
お話ししますと、、、是非頂きたいと話され

あくる日は洋装で来られ ゆっくりお話され
お買い求めいただきました、

「何代も続いて、大切に使われて来たお道具、、おたくで頂くと、
そんなお道具と、あたたかさや お話が出来そうで、、」と話され

私はお客さまとは殆ど話さないのですが

確かに、多くのお客さまより
「お宅のお店は、品物がピカピカ輝き、骨董店には無い明るさが」とお聞きします 
家内と番頭が綺麗好きで、、と話ますが、、、

でも、先日の関東のお客様が話されていた事
考えてみますと、、何年もの、おつき合いでお譲り頂いた品々も多く、、、
ただ、お金でお譲り頂く事ではなく、、、、

心のつながりのような、、、販売させて頂く誇りのような、、、
   直接、買い受けさせて頂いた お道具   
        よろこんで、、輝いていたら、、最高の浪漫やな、、、       



posted by たちさん at 22:19| Comment(0) | 日記