2012年07月26日

それぞれの宝物 1



最近、病気で、先輩が次々亡くなられ
残念で寂しい限りです、

お父さんは、アメリカの人、お母さんは日本人のお友達
ご両親は、戦後結婚され二人でアメリカ行かれ、

彼は独り親戚のおじさん宅に預けられ、育たれました、
野球のバット職人のおじさんで、いろいろ学ばれたご様子
古い、先がまだ四角い作りかけのバット、
彼の室に10本もあり、、、「役に立たん物、整理したら」と言いますと、

バットの講釈が始まり、、、得意げに、夢中で話される、、彼
彼にとって、親代わりに育ててもらったおじさん、、、思いで、、、
唯一、「信頼、安らぎ、愛情、感謝」がいっぱいこもった、バット
古ぼけ、変色した先の四角い作りかけのバット、、、彼の宝物、、、

独身で、野球が大好きで、お酒も大好きで、人付き合いがとてもいい彼、
私には無い、素直な考えが魅力だった 彼

2年程前、癌になられ、闘病生活を続けておられました


posted by たちさん at 08:56| Comment(2) | 日記

2012年07月25日

ラッキーな日



たまたまなのですが、野暮用で、東京まで、
今回少し、時間に余裕ができ
遠くから眺めるだけ、、と 地下鉄で押上駅まで

なんだか分からず、
エレベーターで40回まで、、もうスカイツリーの中やろかなー、、思いつつ
降りて、外を見ますと、、真お隣に スカイツリー
隣接されたビルの中、、、

つながっている通路でスカイツリーへ、、
350mの第一展望台、、待たずにエレベーターへ、、、約50秒
凄いですね、、、、

そこから450mの展望台へ、エレベーター待ち時間 約10分
地下鉄で来たので、一度も外から スカイツリー見ないのに、、、

なんだか、噂では、相当な待ち時間と、
聞いていたので見るだけと思って来ましたが
知らぬ間に、、、頂上まで来ていました。

天気予報が雨や曇りの為、人出が少なく、しかし、ほとんど晴れで、、ラッキー

帰り、通路や下の階で、凄い広い、食品売り場、魚や食べ物、何でも

ふと、、こんな凄いもの作れるのに、、、、
小さな植物や、海の小魚と、お話、、、何んで、できひんのかなー
  家のボテジャコ元気かな〜



posted by たちさん at 08:18| Comment(0) | 日記

2012年07月17日

多くの先輩に、、お世話頂き、、今、私は、、、



先日、お昼を食べていたら
ご近所の、呉服屋さんに出会いました

いつもご夫婦で来ておられ、
ご夫婦ともお話させていただき、

江戸時代から続いた呉服屋さんで、
継続は力と言いますが、本当に長い年月
お昼は、少しの間ですが、お聞きしたい事が多くあり

戦後の生き残りのお話や、多くの話
仕事や人生の話が、好きな私は、、、、目を輝かし聞き入っています

凄いですね、、伝えて、継続された、事実
番頭さんもおられ、女性の店員さんもおられます

先日そんなご主人が話されておられました
「何でも良い、人の役にたつ事ないかなーって最近思います」と
お話をお聞きして、、、、嬉しく思い、、すごく、凄く、共感しました

私の場合は無理やりですが、、、、最近、、、、何を焦っているのか、、
若者に押しかけこごと、や 押しかけ相談に乗ったり、、
仕事が出来る事が現役の証と思い、一人空回りの仕事に燃えてみたり、、

呉服屋さんのご主人がおっしゃる、何か役に立ちたい、、、心には響いていますが、

長い事、生きて来たのに、、、、
     こんなオッチャンでも、、何か役に立つのか、、頑張ります。


posted by たちさん at 19:14| Comment(2) | 日記

2012年07月08日

時代の流れか、、不景気か、、



先日、東京に行くと、一度は行く、居酒屋さん
京都に来られ、一緒に食事を

祇園の、小料理屋さん(居酒屋さんのような所)
一緒に行きました

さかんにお店をご覧になられ
こんな店を、、もう一軒持ちたいんですよと、、、
カウンターや座敷を見ておられました

東京の居酒屋さんに行くたび、口癖のように言ってきました、、
人の数が違いますよね、、やはり東京は凄いですよねって

帰り、祇園界隈を少し案内させて頂きましたが、
京都、祇園も不景気なのか、、、
観光シーズンもはずれてか、人出も少なく、
糸へん(呉服屋さん)もすっかり不景気で
日本のお客さんが殆どおられません、、、、

東京、新橋の居酒屋さん、、びっくりされおられました、

まだ、京都は多くの観光の方が来られ恵まれていますよね、
特に、外国のお客様が多く来られており、
私たちのお客さまも、7〜8割方は外国の方々です。

時代の流れは、、ますます速く、、何処へ行くのか、、、

今頃、薄っぺらな、薄っぺらな、京の町、、、
子供の頃、遊んだ、京の町、、、誇りと威厳と風格と歴史、、、
、、、、、何とか皆で、、元のようにはならないか、、、、、


posted by たちさん at 07:51| Comment(4) | 日記

2012年07月07日

 とある、、人生



彼は、とある、、若者、
私は、とある、、おじさん、

何かの縁でお知り合いに、、、、

今日、勇気を持った者のみ、、自分だけの明日が来る
苦しくても、辛くても、、、、
結果はどうあれ、明日に向かえる

明日があるから  夢が思える
夢へのチャレンジに、感動が生まれ、人の愛も情も温もり 貴方の心を満してくれる

なあ、、若者よ、惚れた女に、夢の三つも見せたれよ、、、新婚やろ、 と 
     、、、、おじさん、かっこよく言って見ましたが、、、、

   考えてみると、とある、、おじさん、、家内に惚れられている自信は、、、ないなー


posted by たちさん at 22:11| Comment(0) | 日記

2012年07月01日

行けなかった お葬式



結婚まなしの頃、遊んでいた遠縁の友達
ここ15年ほど お会いしてなくて、、、、、
こんな時に限り、どうしても仕事が入り 

この年齢になりますと、皆、いろいろ有ったようで
現在、彼も独身で、会社に住込まれて、生活されて居たようで
大変だったろうな、、、って思っておりました

一か月ほどの入院から間もなくお亡くなりに、、、そんな中のお葬式
寂しいお葬式だったらと、、思いつつ、家内に行ってもらいました

感動したとの家内から、電話で、安心しました
お通夜の日も 予定より2〜3倍の方々がお参りにこられ、
儀礼だけの、お参りではなく、3時間も4時間も残って
涙ながらのお話や、お棺をかこんで偲ばれておられたご様子

男性も女性も若い方が多く、感動したお通夜、と家内が帰ってきました

彼も、一度は結婚、誰もが、それぞれ人生いろいろで、、、、、
人に物を頼まれると、、NO と言えない性格で、、仕事熱心な親分肌、、、
人が喜ばれていると、、満足げで、、、 良すぎる性格の彼、

こんなに多くの人々に惜しまれ、
自分が一番住みやすい 住家 を最後に見つけた彼

私の事を思うと、、、、彼の半分もいかないようで、、恥ずかしさと寂しさが、

posted by たちさん at 12:16| Comment(0) | 日記