2007年09月14日

京都の住所

今日、ちょとした取材で電話頂きました。
住所確認でした。

京都って、通り、の名前で
住所を話します。 たとえば、
私の生まれたのは、
京都市上京区小川の寺ノ内上る東イル。
<今は、違う所に住んでおります>
町名、番地、はありません。
イヤー、、有るのでしょうが、
書いた覚えはありません、

京都の町は碁盤の目になっておりまして、
北へ、<上る>
南へ、<下がる>
東入る、西入る、
道に迷ったり、お酒に酔ったり、
してません。

南北の縦の通り、小川通り、
東西の横の通り、寺ノ内通りの
交差を、北へ、
少し行き、東側、
裏千家さん、の北横の道を
入った所、なんです。

道の話をもう一つ、これ本当の京都弁、

千ぶら、<せんぶら>
河ぶら、<かわぶら>

どこ行ってきたん、千ぶら、やがな
ええなー、昼間から、、、

今から、半世紀、前の 
西陣の、職人さん、の会話!?
織物、糸へん、が大忙しの時代、

えらい、話、長ごうなって、きました、
堪忍しとうくりゃす。
明日、また、
ほな、、お休みやす、、

<久しぶりの京都弁??>
posted by たちさん at 22:16| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: