2007年10月15日

銀ヤンマ、鬼ヤンマ

リー君と行ったトンボ取り,
昭和24年生まれの私、 小学二年の思い出、
リー君、の意気込みは凄かった、

「60〜70センチの糸の両端に小さなおもりを付けます。
おもりには、銀箔を巻いた人も、有り、
トンボが来ると、大空に、放り投げます、
出来るだけ、糸が、広がるように、

両端のおもりを、餌の昆虫、と間違い、
トンボが、突っ込み、糸に絡まるのです。」

僕が糸を持ってきました。
リー君お待ちかね、
それは、絹糸、です、
僕のおじさんが、西陣の職人さんで、
もらったのです。

今まで、リー君の糸、木綿糸、
トンボは賢く、木綿糸は、見抜かれ、
取れません。
絹糸は、細くて、きらきら、光っています。
当時、高価な品物で、
僕んちも、サラリーマンのお家ですが、
リー君は、もっと、もっと、貧乏なお家で、
とても、絹糸は、手に入らなかったのです。

リー君が持ってきた、錆びた釘が、おもり、
まっさらの絹糸、
僕達、初めて、最高の道具。

銀ヤンマ、鬼ヤンマ、
夕暮れ時に飛んでくる、トンボを、待つだけや、
今日は、やったる、
三時ころから、西の空を見ている、二人でした。

当時の西陣、一クラス2〜3人韓国の友達が一緒でした。

長くなりますので、、、またね、おたのしみ!!

ゴメンナサイ!!
posted by たちさん at 09:29| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: