2008年02月01日

京都の底冷え



寒い、寒い、日に
お茶席にご招待頂きました。

四畳半のお茶室に
ご亭主、正客、と友達
合計五名、

堅苦しい席は馴染めない自分ですが、
ご亭主が、お友達、
いろいろご説明頂き

目を閉じると、
戦国時代の武将<私は正客ではありません>
のような気持ちになり

小さな、お茶室が
時を止め
浪漫と夢が渦巻くような、
気が流れ、

寒さを忘れ、充実したひと時でした。
posted by たちさん at 21:53| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: