2008年02月08日

お店の前、桜の木

こんな寒い日が続くと、思い出します、

昔、上京で住んでいた時
冬の寒い日
銭湯の帰り、タオルが、凍っていました。
「これが京都の底冷えや」って、父が言ってました。

お店の前、桜の木
寒くて、木枯らしに震えているのか
冬眠しているのか、

日中、日差しは良いので
つい、つい、
近づき、のぞいて見ました。

小枝をつかみ、新芽に、
ハー と 息を吹きかけようと、、、

あったか て おどろく かな、、、、

子供じゃなし、いたずらは、やめました。
posted by たちさん at 17:36| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: