2008年05月27日

異性との接し方、とか、お付き合いの仕方


読み返した結果どうも 
間違った表現が気になり書き換えました。


竹久夢二の本
コレクターの方より買い受けました

可愛さと、あどけない、色香がただよい
あの、夢二の音楽が、どこからか 聞こえそう、、

私も若い頃から
竹久夢二の本とか、もっと、読めば良かったと思います。

老人と海、とか、新田次郎、渋沢栄一、
本田宗一、松下幸之助、チャレンジもの、、が多く

子供の頃から、身近な動物、空、植物、等の
詩、を書くのが好きでしたが、
しかし、 読んだ本は、チャレンジもの

もし、夢二とかの本、読んでいたら、
人ともっと上手くコミニケーションも出来たろう、
時代の流れも、大切ですが、心理学、て、ずばり根本だもんね、

異性との接し方、とか、お付き合いの仕方、
一番苦手で、
読む本が、変わっていたら、女性にも、持てたろうなー
もっと、もっと、大人に、なれたろう、、

世の中、男と女しかいないもんね
蟻さん、や バッタ、の 詩は書かなくてよかったろう、、

嫁さんとの接し方、家庭も平和 ろうなー

次回のブログ、ちょと恥ずかしいですが、
私の、詩、紹介させて頂きます。

posted by たちさん at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15423316
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック