2010年02月17日

若者の優しい気使い、、

最近、お昼ご飯、いろいろなカフェに行きます

お店が祇園に有りますし
鴨川を渡れば
三条通り寺町から烏丸間
上がる、、下がる、、の近辺

沢山の若者のお店、出来ました

スープが熱々で 
フゥ、フゥー吹いても熱くて、熱くて

荒く切られた京野菜がゴロゴロ入ったり
数種類のお好みのパン

お客さんの殆どは20代前後の女性
いつも満席、おじさんは私だけですが、、、
知らん顔して 食べてます、、が

マスターやお店の方が
人なつっこく話しかけてくれ
やっと、落ち着いて食べられます

以前、行っていたお昼ごはんの店と違い
いろいろ、工夫や配慮があり、
野菜が凄く新鮮で美味しく

若者達、不景気で寂しい時代に、頑張ってるよな

嬉しいのが、おじさんに、とても気使いがあり、、ありがとう。
posted by たちさん at 13:43| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
お店の人の気持ちが伝わるものってありますよね。。。

 心遣い・・・忘れてはいけない日本の美

 器にも、食べ物にも・・・

 伝わる気持ち・受け取る気持ち・・・

 日本っていいよね〜〜〜〜!!!

 
Posted by assist at 2010年02月18日 23:51
日常忘れがちな些細な
気ずかいから
大きな 差が出来たり、、、

プロの意識より
お客から見た視線を
大切にするほうが喜ばれたりね、、

日本の文化レベルは高いですよね、
Posted by たちさん at 2010年02月20日 10:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: