2011年01月14日

初寄り 前回ブログ写真の解説です

お店が井上八千代師宅と同じご町内で(5〜6軒隣ぐらい)
毎年の事ですが、、

昨年も少しご紹介させていただきました
今年も1月13日初寄りの日が、、、

芸妓、舞妓が井上八千代師宅にご挨拶に行かれ、
お雑煮で新年のお祝いを、
この初寄りは、一年の始まりを迎えるにたいし
今年一年、芸の上達を励みましょうという誓いの行事です。

当日の井上八千代師宅 1枚目の写真

師匠宅の前でシャッターチャンスを狙うカメラマン 2枚目、3枚目の写真

お茶屋の女将さん達、一足先に来られご挨拶、4枚目の写真

さ、、来られました、一番目に来られた芸妓さん、舞妓さん達 5枚目の写真

7枚目の写真で説明しますと、先頭の方が芸妓さんで、後ろ二人の方が舞妓さん
一般的に、20を過ぎると芸妓さんで,自毛の髪でなく、かつらをかぶられ
舞妓さんは、自毛で20才までの方、履物や帯も違います

こうして比べると、堂々とした芸妓さんと、まだ幼げな舞妓さん 良く分かりますね

8枚目の写真 井上八千代師宅へお入りに、、、
青い着物の女性が暖簾を上げておられます、
芸妓さん、舞妓さん達の お付の女性です
おそらく、同じお茶屋のご一行で、粗相が無いようにとの 計らいでしょう。

その後も多くの芸妓さん、舞妓さん達が来られます
こんな優雅な京都、祇園にお店があり、ほんと幸せです

明日は個人的に嬉しかった、初寄りのお話します。




posted by たちさん at 12:22| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: