2011年01月19日

私の大好きな詩

積もった雪

上の雪
さむかろな。
つめたい月がさしていて。

下の雪
重かろな。
何百人ものせていて。

中の雪
さみしかろな。
空も地面もみえないで。



ちょうど、、、真ん中
次男の私、この詩を想う時、、
つい最近まで、まったく素直で無かった(今でもか)
そんな自分が、、、ふと 
寂しくなったり  恥ずかしかったり


こんな詩も、、、好きです


大漁

朝焼小焼だ
大漁だ
大羽鰮(いわし)の大漁だ。

濱は祭りのようだけど
海のなかでは
何萬の
鰮(いわし)のとむらい
するだろう。



私が書いた詩らしきものは
いつも アリさん、バッタさん、カエルさんが出てきます
まるい地球で生れた 命の重さ
差があるはずが無い、、みんな一緒、みんな平等

この詩が 私の心 後押しをしてくれます

(金子みすず 詩集より)
posted by たちさん at 21:44| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: