2011年12月03日

晩秋の暖

先のブログの続きですが、、、
戦争は大嫌いです

私が一番好きなのは 正岡子規
あんな病床にいながら、
あれだけの人々に感動を与え続けた 子規

一方は軍人 秋山真之 あんなに方向が違うのに、、
思うは 坂の上の雲、、、心は同じ やっぱ、、ロマンやな、、

どの時代でも、生きて行くのは 戦い
戦う相手は、、、、自分自身
人の温もりに会えたからこそ、、戦えた

この季節、、、
いろんな人に出会ったように、、

取らずに置かれた柿の 真赤
深い、深い、真黄の敷物、、、、木の葉の友に

いっぱい、いっぱい、癒される


posted by たちさん at 21:59| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: