2012年10月05日

お爺さんと 孫



鴨川の床も大きなクレーンが来て撤去されており、
床の営業は9月までと決められて、恒例の風景です。

話は変わりますが、NHK朝ドラ、新しく始まりました
フレッシュな若者が巻き起こすドラマ、、、
ふと、思ったのですが、私の父も母もお商売には関係無く
父のお爺さんが、お商売をされておられました

昔からの古い骨董、古美術の業界、いろんな事があり、
もうダメかなって思うことも、、遠い昔ですがありました
いろんな方に知恵を頂き、それでも壁にぶつかり、、、

そんな時、いつも思い出していました
あのお爺さんの孫や、あの血が流れている、、僕の体には流れてるんや、、、
また、隔世遺伝の法則でいくと、、、僕の順番やと、、、

お爺さんは初代で商売をされ、大きなお商売はされてはなかったですが、
見ず知らずの貧しい方が,来られた折など、食事を差し上げ、お土産まで渡され
子供心に、あんなにしなくてもと思っていました

また、信心深く、伏見のお稲荷さんの信者で
大きなお庭には、何本もの朱色の鳥居が並んだ社がありました、

このお店を購入する時も、家内にも反対され悩んでおりました
お爺さんのお墓参りに行き、最後に信じる、信じられる事があったから
今ここに、小さなお商売ですが継続出来て喜んでおります

最後の砦に、自分の血を信じられた、お爺さんに感謝です、、NHK朝ドラを見て、





posted by たちさん at 13:48| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: